ロングライドでおススメのロードバイクホイール




ロングライドに適したホイール選び



ロードバイクを購入した人がやることで最も多いのはロングライドでしょう。

目的地や走る道を決めながら、長距離を走り続けるロングライドは
サイクリングの楽しさを体いっぱいに感じることができます。

さて、50キロから100キロ以上を走りぬくロングライドでは、
ちょっとした工夫で疲労度を大きく軽減することができます。


小さな違いではありますが、長時間のライドで積み重なって、
最後には大きな差となって現れます。


ホイール選びも重要で、ロングライドには、ロングライドに適したホイールを選ぶといいでしょう。

回はロングライドにぴったりなホイールの特徴を紹介します。

ロングライドにおススメのホイール一覧
 

1.走行性能と耐久性のバランスを考える


ロングライドに適したホイールと一口に言っても、
ライダーが求めるスタイルによって選ぶホイールは異なってきます。


例えば、時速30?前後で巡行を続けたいと思う人なら
走行性能の高いカーボンホイールがおすすめです。

一方で、そこまで速さは求めずにのんびりと走りたいと思う人であれば、
軽量性や走行性能はそこそこでもよく、
むしろ耐久性の方が重要となります。


ロングライドにもそれぞれの楽しみ方があるかと思いますので、
スタイルに合わせて走行性能や重量、耐久性のバランスを考えていくと
適したホイールを選ぶことができます。


 

2.カーボンかアルミか


ロングライドの場合、軽くて走行性能も抜群なカーボンホイールを選ぶのか、
性能はそこそこだけど耐久性に優れたアルミホイール
のどちらを選ぶかで迷うかと思います。



結局は予算と求める性能の兼ね合いになってはくるのですが、
ロングライドのホイール選びをするときには、
まずホイールの素材から選ぶといいでしょう。

 

3.疲れにくいホイールは?


ロングライドで重要なのは、
いかに疲労を軽減できるかということにあります。

基本的にロングライドでの疲労は走るために使った筋肉への疲労と、
路面からくる振動による疲労があります。

路面からの振動に対する疲労については、
振動吸収性に優れたホイールを選ぶことで軽減することができます。


振動吸収性が高いホイールの特徴としては、
剛性が低い柔らかいマイルドな乗り心地のホイールです。


柔らかすぎてもパワーロスがありますが、
剛性のバランスを考慮してみてください。


 

ロングライドでのホイール選びまとめ


ロングライドの適したホイールは、
一言でいえば性能のバランスがいいものがいいということになります。

極端なスペックがある用途が限定されるようなホイールではなく、
それぞれの性能に優れているホイールの中から、
自分のスタイルに合ったものを選ぶといいでしょう。
 
  • インプレ情報
  • お客様の声
  • 安心の返品保証
  • アフターサービスについて
  • BLOG

モバイルショップ