ヒルクライム向きのロードバイクホイール選び



ロードバイクの醍醐味の一つとして人気の「ヒルクライム」。

自分の力だけで上り坂を登っていき頂上を目指していくのは大変ですが、
達成感もあり、病みつきになる人が多いです。

中には、ヒルクライムに合わせて
自分のロードバイクをカスタマイズする人までいます。


そこで今回は、これからヒスクライムをやってみようと思っている人や、
ヒルクライムのパフォーマンスをもっと上げたいと考えている人に向けて、
ヒルクライムに適したホイールについて解説していきます。


ヒルクラムにおススメのホイール一覧


 

1.ヒルクライムに重要なのは軽さ


ヒルクライムを速く走るために必要な要素の一つは軽さです。

重力に逆らって進んでいく以上重量が軽い方が有利といえるでしょう。

もちろんダイエットをして体重を軽くした方が有利に働くことがありますが、
機材についても軽量化を図ることでパフォーマンスを上げることができます。


そのためホイールに関しても軽さを最重要視したものを
選んだほうがいいでしょう。


特にヒルクライムではホイールのリムの軽さに注目してみましょう。


 

2.走行性能について考える



ヒルクライムでは、大抵自足20?ぐらいまでの
低速域で走り続けることになります。


平坦では、時速30?を超えるようなスピードで走るため、
空気抵抗の良さやホイールの回転性能による速度維持などが重要となりますが、
ヒルクライムではそこまで重要ではありません。


ヒルクライムに求められるホイールは、
常に高い出力を出してパワーをペダルに伝達していくこともあるので、
ホイールには軽さと同様に、
高い剛性を持つパワー伝達効率の良いものが向いています。



 

3.ヒルクライムホイール 見た目の特徴


ホイールにはノーマルリムとディープリムの主に2種類に分けることができます。
ディープリムの場合、高速域での走行を目的に作られているので、
ヒルクライムを目指すのであれば、
ノーマルリムかセミディープリムの軽量ホイールを使用した方がいいでしょう。

 

4.超高性能ヒルクライムホイール


最後に、ヒルクライムを極めるために心強いパートナーになる
超軽量ホイールを紹介します。


値段はかなり効果ですが、それだけの性能を持っているホイールではあるので、
かならずヒルクライムのパフォーマンスを上げてくれるでしょう。

 

1ライトウェイト マレインシュタイン   重量1190g


ホイールの中でも最軽量の部類に入る超高級ホールです。
これを付けただけで違いがはっきりとわかるでしょう。


 

2.カンパニョーロ ボーラウルトラ35 重量1360g


人気のカンパニョーロ ボーラウルトラシリーズです。
走行性能の高さは折り紙付きでヒルクライムにおいてもその実力を発揮します。
高性能カーボンホイールの定番です。


 

ロードバイクホイールのヒルクライムまとめ


ヒルクライムの実力を手っ取り早く上げるのであれば、
ホイール交換が一番早いといわれています。

ホイールを軽量化して、理想の登りを手に入れましょう。


 
  • インプレ情報
  • お客様の声
  • 安心の返品保証
  • アフターサービスについて
  • BLOG

モバイルショップ