ロードバイクホイール定期的なグリスアップのススメ



ロードバイクに乗っている人は、定期的に様々なパーツを
メンテナンスしていきますが、中でも、ホイールのグリスアップについては、
やっている人は少ないのではないでしょうか。

チェーン周りやブレーキなどの目に見えてわかりやすい部分であれば、
メンテナンスも簡単ですし、やっている人も多いです。

ただ、ホイールのグリスアップについては、
誰かが教えてくれないと分かり辛いものですね。

ホイールのグリスアップによって、性能を維持することができます。
今回ロードバイクのホイールのグリスアップについて解説していきます。

 

1.ロードバイクのホイールのグリスアップとは?


ロードバイクのパーツの中でもホイールは回転することで
走行に直接的にかかわるパーツでもあります。

ホイールが回転するには、回転する部分にシャフト(回転軸)と
軸受けになる「ベアリング」が装備されています。

このベアリングは、シャフトをスムーズに回転させるためにあります。

そして、このベアリングには、グリスという粘度の高い潤滑油がつけられており、
性能が保たれています。


しかし、ロードバイクに乗っていく中で、
このグリスが剥がれていくので、定期的にグリスを塗りなおす必要があります。

このグリスをベアリングに塗る作業のことを「グリスアップ」といいます。

 

2.グリスアップに必要な道具は?


ホイールのグリスアップに必要な道具をまとめていきます。
使用する工具としては、スプロケットを外すための「スプロケット外し」や、
ホイールを解体するための「モンキースパナ」「薄型スパナ(ハブレンチ)」
ベアリングについた汚れを落とす「パーツクリーナー」
そして、新たにつける「グリス」を使います。



使用する道具もそこまで多いというわけではありません。


作業としては、主にフリー内部のラチェットや玉当たりを調整します。
それほど複雑ではないので、ぜひトライしてみてください。



 

3.グリスアップの効果は?


ホイールのグリスアップをすることによって、
使用時の摩擦を軽減することができ、
スムーズなホイールの回転を生むことができます。

その回転はまるで新品のホイールのような感覚を
得ることができるでしょう。


ホイールを長期間使っていると、どうしても性能が落ちてくるのを
感じてしまいますが、もしかしたらグリスアップをすることによって、
落ちていた性能をよみがえらせることができるかもしれません。

ホイールのグリスアップは、ロードバイク初心者にはなじみのない
メンテナンスではありますが、やるのとやらないのとでは、
大違いですので、ぜひホイールのグリスアップをやってみてください。


 
  • インプレ情報
  • お客様の声
  • 安心の返品保証
  • アフターサービスについて
  • BLOG

モバイルショップ