カーボンホイールの特徴、メリットデメリット


ロードバイクに長く乗ってくると選択肢として出てくるのが、
カーボン素材で作られたアイテムの購入ですよね。

フレームからホイール、ハンドル、サドルにいたるまで、
カーボンで作られたパーツは高性能で、
あなたの走りを数段レベルアップすることができます。


中でも、ホイールは走りに直結するパーツでもあり、
そのホイールをカーボン製にカスタマイズしたときの効果も抜群です。

今回はそんなカーボンホイールの特徴をまとめていきます。
 
 

1.カーボンホイールのメリット

まずは、カーボンホイールのメリットについてみていきましょう。
これを見るだけでもカーボンホイールが欲しくなってしまうことでしょう。
 

?とにかく軽い

カーボンホイールの最も大きなメリットとしては、他にはない軽量性があります。

軽量性を保ちながらも必要な耐久性を確保することができる
カーボンならではの特徴ですね。

この軽量性はヒルクライムでも重要となりますし、
ディープリムのホイールであれば、カーボンタイプを使うことで、
できるだけ軽くすることができます。
 
 

?振動吸収性が高い

カーボンフレームは振動吸収性が高く、
快適に走行することができるといわれていますが、
ホイールに関しても同様のことがいえます。

路面の凹凸からくる振動をしなやかに吸収してくれるので、
疲労を軽減してくれるだけではなく、走行性能も高まります。



 

2.カーボンホイールのデメリット

次に、カーボンホイールのデメリットについてまとめていきます。
いくらカーボンホイールの性能がいいからといっても、
誰もが購入すべきであるわけではありません。


これから上げるようなデメリットを頭に入れて考えてください。
 

?非常に高価

カーボンホイールはその性能の高さから通常では考えられないほど
高価なものがあります。

カーボンというだけで、最低でも10万円以上しますし、
そこからさらに30万円を超えるものまであります。

 

?耐久性に不安

アルミなどと異なり経年劣化などには強いカーボンですが、
やはり衝撃には弱いため、落車や衝突などで破損してしまうことがあります。

せっかく高い金を出して購入したのに、
壊れてしまうのは悲しいですよね。

また、ブレーキ時の摩擦によって変形しやすいというリスクもあります。


 

カーボンホイールまとめ

カーボンホイールは性能の高さから誰もが欲しいと思いますが、
値段や耐久性の面で躊躇してしまう人が多いです。

ただ、初心者なら力量を補ってくれたり疲労感の軽減などの効果がありますし
中上級者ならより長い距離を走ったり、タイム短縮に繋がります。

ロードバイクを乗ったなら一度は試してみたいホイールと
言えそうですね。


 
 
  • インプレ情報
  • お客様の声
  • 安心の返品保証
  • アフターサービスについて
  • BLOG

モバイルショップ