ロードバイク ホイール手組のメリット、デメリット

 
ロードバイクのホイールには、完組と手組の2種類があります。

完成車についているホイールのほとんどが
完組ホイールとなっているのですが、
中にはこだわりの手組ホイールを使っているサイクリストもいます。

一見すると自分のこだわりをホイールに
反映できる逸品というイメージのある手組ホイールです。

今回は手組ホイールのメリット、デメリットをまとめていきます。
 

1.ホイールは主に3つのパーツから成り立ちます


ホイールというものは、外周部のリム、中心部のハブ、
リムとハブを繋いでいる支柱のスポークという
3つの部品から成り立っています。

手組ホイールの場合、これらの3つのパーツに関して、
自分の好きなものを選んで、
一からくみ上げるという作り方をします。

パッケージ化された完組ホイールよりも、
自分の好みを色濃く反映できることから、
こだわりの強いサイクリストにこのまれています。

また、昔のホイールはすべて手組ホイールだった
といわれています。

 

2.手組ホイールのメリットは?

まずは、手組ホイールのメリットをまとめていきましょう。
手組ホイールのメリットとして一番に挙げられるのが、
カスタムの自由度が高いという点です。


リム、スポーク、ハブといった各部品について、
自分の好きなものを選んでカスタマイズすることができるため、
自分の求める性能を持ったホイールを作ることが可能です。


ヒルクライム向けに、すべての部品を
超軽量にすることもできますし、
高速巡航を意識して空力性能に
特化させたものを作ることもできます。


また、各パーツの重量がはっきりとしているため、
完組ホイールの重量表示に惑わされるといった
こともなくなります。
 

3.手組ホイールのデメリットは?


手組ホイールのデメリットとしては、
ホイールに詳しくないと扱えないという点があります。

自由に好きな部品を選ぶことができるということは、
すなわち相性の悪い部品を選んでしまう可能性もある
ということです。

手組ホイールを使用する場合、
各パーツの相性や、調整に関する知識など
熟練していないと扱えません。


また、見た目という観点から言えば、
手組ホイールの各パーツはシンプルなデザインの物が多く、
没個性的なデザインのホイールになってしまいます。

完組ホイールのかっこいい見た目のホイールは
あきらめたほうがいいかもしれないですね。

 
  • インプレ情報
  • お客様の声
  • 安心の返品保証
  • アフターサービスについて
  • BLOG

モバイルショップ