ロードバイクホイールの基本的な交換方法


ロードバイクはすべての部品が容易に取り外せるよう
にできており、手で簡単にできるものから、
簡易な工具を使って脱着できるものも多くあります。

その中の一つがホイールです。


ホイールの脱着は、パンク修理、タイヤ交換、ホイール交換、
輪行などで取り外す機会が多くあるので、
確実に覚えておきたいところです。

 

1.フロントホイールの外し方

フロントホイールについては、
初心者でも簡単に取り外すことができます。

手順としては、まずブレーキのクイックリリースレバーを上げ、
ブレーキキャリパーを緩めます。

次に、ホイールのクイックリリースレバーを緩めたら、
ホイールを下方向に抜くだけです。
 
 

2.リアホイールの外し方

フロントホイールは簡単に脱着できますが、
リアホイールについては少し複雑になります。

理由としては、リアホイールにはスプロケットやチェーンなどの
パーツが組み合わさっているからです。


リアホイールを外す手順としては、
まず、ギアをアウタートップに入れます。

これをやっておかないと装着するのが難しくなります。


次に、フロントホイール同様にブレーキと
ホイールのクイックリリースレバーを緩めます。


そして、ホイールを抜きながら、
チェーンも取り外していきます。

この時に、チェーンやディレイラーを
傷めないように注意しましょう。


ちなみに、リアホイールを外すときは、
ロードバイクを逆さまにした状態でやるとやりやすいです。

 

3.ホイールの交換方法

ホイールの交換方法についてまとめます。

フロントホイールに関しては、特に難しいことはありません。

ホイールを取り外して、新しいホイールを装着すれば完了します。


問題はリアホイールです。

リアホイールを交換するときには、
ホイールからスプロケットを付け替えなければいけません。

スプロケットの脱着には専用の工具が必要となるので、
用意しておきましょう。

工具さえ用意できればリアホイールの交換は簡単にできます。

ホイールを外す→スプロケットを外す
→新しいホイールにスプロケットを装着→ホイールを装着


といった順番でやってください。

リアホイールの交換後は、
ディレイラーの調整なども併せてやっておきましょう。
 

ロードバイクホイールの外し方、交換方法まとめ


ホイール交換が自分でできるようになると、
メンテナンスも、輪行もカスタマイズも全部自分でできるようになります。

サイクリストとして一歩レベルアップするためにも、
ぜひ覚えてください。


 
  • インプレ情報
  • お客様の声
  • 安心の返品保証
  • アフターサービスについて
  • BLOG

モバイルショップ