「ロードバイク ホイールの盗難防止どんな対策がある?」

 
ロードバイクのホイールは仕組みを知っていさえすれば、
数秒で取り外すことができます。

それが便利なわけですが、見方を変えれば、
盗難の被害に遭いやすいともいえますね。

高級なホイールだと、1本で数十万円するものも中にはありますし、
そういったものを使っている人にとっては、盗難の被害に遭う可能性があります。

今回は、ロードバイクのホイールが盗難されないためにできる対策に
ついてまとめていきます。
 

1.鍵のかけ方に注意してみる

通常の自転車であれば、ワイヤーなどの鍵をかけるときには、
フレームと後輪を1周させるだけの簡易的な施錠しかしませんよね。

ロードバイクに乗られている方の多くはそういった施錠方法をとっていると
考えられます。

しかし、先ほども述べたように、
ロードバイクのホイールは数秒で取り外すことができます。


鍵をかけているといっても、フリーになっている前輪に関しては、
盗難のリスクがかなり高まってしまいます。

前輪の場合だと、取り外したとしても全く怪しまれることもないぐらいのスピードで取り外すことができます。

ホイールが盗難の被害に遭わないためにも鍵のかけ方に
注意してみたほうがいいでしょう。

そこで、おすすめなのが「地球ロック」です。

地球ロックとは、ワイヤーキーを前輪、フレーム、後輪に絡ませた状態で地面と固定されている
ものにかける施錠方法のことをいいます。

この地球ロックをしていれば、ホイールが盗まれるリスクを下げることができます。

特殊な工具があれば、鍵が破壊されてしまうリスクはありますが、
とりあえずホイールを無防備な状態をなくすことはできます。
 

2.鍵以外の防犯アイテムを駆使してみよう

ロードバイクに鍵をかけるというのは、防犯への第一歩と言えますが、
鍵とはいっても特殊な工具を使うことで簡単に破壊されてしまうという現状もあります。

なので、ホイールを守りたいのであれば、
鍵以外の防犯アイテムを取り入れることを考えなければいけません。


例えば、「PINHEAD(ピンヘッド)」とという商品を使うことで、
ホイールのクイックリリースをロックすることができるようになります。

クイックリリースのおかげでホイールの脱着が容易になっていることもあるので、
その部分にロックをかけてしまえば、簡単には盗めません。


その他にも、駐輪中のロードバイクを揺らすとアラームが鳴り響く防犯アイテムや、
ロードバイクの位置情報を見ることができるデバイスなども販売されているので、
鍵とそういった防犯アイテムを組み合わせることによって、
大事なホイールを盗難から守っていきましょう。
 
 
  • インプレ情報
  • お客様の声
  • 安心の返品保証
  • アフターサービスについて
  • BLOG

モバイルショップ