ロードバイクホイールの選び方


理想的には、性質の違うホイールを複数所持するのが
ベストなのですが、一般的にはなかないか難しいですよね。

限られた予算の中であえて1本選ぶとすれば、
下記の2点はハッキリとさせておいてください。


・希望のメーカーを決める

・何を重視するのか?




では、それぞの用途に合わせたホイール選びを簡単に説明しますね。
その中で何を重視するのかをご検討してみてくださいませ(^_^)
 

 

1、巡行速度維持型

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

平地を主に走行し、加減速の少ない高速巡行、
センチュリーライドやエンデューロに適したホイールです。


直進安定性にすぐれ、独自の風切り音は
走っていてもテンション上がります。


リムハイトがあり、見た目重視な方にも
人気です。


・フルクラム スピード40
・マヴィック コスミックプロカーボン
・カンパニョーロ ボーラーワン50

などがあたります。


ただ、横風の影響を受けやすい事もあります。


40ミリのリムハイトモデルであれば、
オールラウンドに使う事ができますよ。





 


2、峠、ヒルクライム大好き!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アルミリムからカーボンリム、クリンチャー、チューブラーと幅広いラインナップが
あります。

見た目はディープリムの様な派手さは
ありませんが、ハンドリングがよく
剛性に優れています。

下りでのブレーキ性能を懸念される方は、
アルミモデルをおススメいたします。

・フルクラム レーシングゼロ
・マヴィック キシリウムプロエグザリット
・カンパニョーロ シャマルウルトラ



 

3、普段使いからローラー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

通勤ライド、ローラー、日常の練習で使いまくりたい。

という方であれば、アルミリムがおススメです。

エントリーモデルも多く比較的安価な価格なのも
嬉しいですね。

上位モデルにも匹敵する剛性の高さは
実業団レベルの方の普段使いでも使われている事が
その証ですね。

・フルクラム レーシング3
・マヴィック キシリウムエリートUST
・カンパニョーロ ゾンダ
 

始めての方にホイールを一つ選ぶとすれば?


見た目もよく、ロングライドからヒルクラム、
普段使いからレースにも使いたい。

そんな欲張りな方には、
リムハイト40mmのカーボンモデルをおススメしております。

カーボンとは言え、十分普段使いに耐えられる
耐久性があります。




もし迷われたら、用途や希望などご連絡頂ければ
アドバイスさせて頂きます。

お気軽にご連絡くださいませ(^_-)-☆


  • インプレ情報
  • お客様の声
  • 安心の返品保証
  • アフターサービスについて
  • BLOG

モバイルショップ