カンパニョーロホイールの特徴、種類

イタリアの老舗自転車パーツメーカー「カンパニョーロ」

ロードバイク界では最古参ともいわれているメーカーで、
昔のツール・ド・フランスでは、
すべての自転車にカンパニョーロが
付けられていたといわれています。


その歴史と伝統、さらにはおしゃれなデザインからローディーにとって
あこがれのメーカーでもあります。



カンパニョーロについて

カンパニョーロは1933年に、
トゥーリオ・カンパニョーロという人物によって創業された
イタリアの自転車パーツメーカーです。

性能・技術革新・製品のクオリティという3つのコンセプトを掲げ、
あらゆる革新的な商品を生み出してきました。

長年に渡って自転車ロードレース界を牽引してきた
パーツメーカーでもあり、
現在でも世界中のローディーから
愛されているメーカーです。



カンパニョーロホイールの特徴について

カンパニョーロのホイールについては、
まず見た目から他社との違いを感じることができます。

他にはない独特のスポーク配置は、 見ただけでカンパニョーロとわかる個性を持っていますね。

デザイン性だけではなく、 走行性能についても高い評価を得ています。

また、当社独自の「2-WAY FIT」という製品は、 チューブレス・タイヤとクリンチャー・タイヤの どちらも装着できるというもので、 このような画期的な製品も生み出しています。



カンパニョーロホイールの種類は?

カンパニョーロが作っているホイールは 価格や性能のグレードによって4つほどに分けることができます。

ここでは、それぞれのグレードの代表的なモデルを紹介してきます。



【下位グレード】

カンパニョーノの下位グレードのホイールは、
完成車などについていることが多いですね。

下位グレードとはいっても、他社の同グレードと比べても負けていませんし、
何よりデザインがかっこいいです。

・SCIROCCO アルミ

・KHAMSIN アルミ



【中位グレード】

コスパ最強で最初のホイール交換で多くの人が購入しているのが
ZONDAです

この価格帯ながら抜群の軽量性
とマイルドな乗り味が特徴的です。

・ZONDA アルミ 



【上位グレード】

アルミホイールの中では最も高いグレードなのが、
こちらのシャーマルシリーズです。

10万円ほどの価格帯で、優れた走行性能を発揮します。

また、シャーマルシリーズでは、
USBというハブを採用しており、
回転の滑らかさが桁違いによくなります。

・SHAMAL ULTRA アルミ

・SHAMAL MILLE アルミ



【最上位グレード】

カンパニョーノのカーボンホイールといえば
ボーラシリーズです。

乗った瞬間にその性能を実感することができます。

アマチュアレースシーンでの活躍が期待されます。

価格は20万円以上する代物ですが、
軽量性、走行性能、
デザイン全てにおいてハイクオリティなホイールです。

・BORA ONE35、50  カーボン 

・BORA ULTRA35、50 カーボン

カンパニョーロ

10商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
10商品 1-10表示
  • <
  • 1
  • >
10商品 1-10表示
  • < Prev
  • Next >
  • インプレ情報
  • お客様の声
  • 安心の返品保証
  • アフターサービスについて
  • BLOG

モバイルショップ